リトミック1歳・2歳児クラス

   ☆リトミックのひろば☆ 

 リトミックって、何をするの?とリトミックに興味のあるママ。

まだ小さいけど、音楽に触れながら、体を動かしたい!子どもと楽しい時間を過ごしたい!!というママ。

対象年齢は、1歳を迎えたお子様から参加できます。(下は1歳~上はH27年4月2日生まれのお子様) 参加費は、500円!(当日現金払い)

6/12, 7/3, 8/7, 9/11

時間:10:30~ 約40分間

予約制(お問い合わせフォームからご予約下さい) 駐車場が必要の場合は、予約時お知らせください。

 

1歳児クラス(H27年4月2日~H28年4月1日生まれのお子様対象)

お母様も一緒にレッスンに参加して頂く、親子レッスンです。 

  火曜日 午前10:00~60分レッスン(グループの場合)

  月謝:5,150円  入会金:3,090円

  教材費:別途

   

2歳児クラス(H26年4月2日~H27年4月1日生まれのお子様対象)

お母様も一緒にレッスンに参加して頂く、親子レッスンです。  

  火曜日 午前11:20~ 60分レッスン(グループの場合)

  月謝:5,150円  入会金:3,090円

  教材費:別途           

~2歳児コースでは・・・~

ぞう、うさぎ、うま、鳥などいろいろな動物に変身したりして、音楽のニュアンスを体を動かして感じます。

まだまだ言葉を獲得している過程の小さな子ども達なので、画像のように絵を使って、頭の中にイメージが浮かびやすくしながら、楽しく活動しています。

音楽的なことでは、フープやスティックなどを使って、ピアノと同じテンポでリズムを叩いたり、速さ、強さ、高さの違いを感じてそれらを体で表したり、2拍子や3拍子の違いなども、体験してもらいます。

また、レッスンの中で小さながまん体験(今は待つ時間、お友達と一緒に使うなど)をしながら、社会にはルールがあることに気づき、守れるように指導しています。

 

~1歳児クラス~

4月に開講したこの1歳児クラス、内容がさらにパワーアップしました。

対象月齢も、1歳0か月からになり、よりたくさんの子どもたちの育ちのお手伝いができると、確信しています。

 1歳を過ぎると、子どもたちは、ものを指差したり、歩き始めたり、「ブーブー」などの言葉を発したり、外に向けて自分の意思を発信できるようになっていきます。この1歳~2歳までの発達は、とても大きなものです。

そんな時期の子どもたちのために作られたカリキュラムは、「運動機能の発達」「言葉の発達」「お母様とかかわりながら、音楽が流れている環境に親しむ」「社会性を育む」「思考力の基礎を養うための知育」などを目的に考えられています。

 

Q.具体的にどういう活動を行うの?

・運動機能の発達(体を大きく使う運動)→飛行機になって揺れる、フープを支えに歩く、フープをくぐる。ボードの上を歩き、一歩一歩歩くことを意識する。自分の意志で、動く/止まる。つま先立ち。しゃがむ。膝を曲げたり、伸ばしたりすることで、ジャンプの準備をする。

・運動機能の発達(手や指先を細かく動かす運動)→歌に合わせて手遊び、積み木を横に並べる、積む、紙をちぎる、つまむ、はなす、まるめる 折り紙を折る、自由に描く

・言葉の発達→グルグル、ツンツンなどの擬音語を、動きを伴いながら言うことで、言葉のニュアンスを楽しむ。音楽に合わせて歌ったり、ママや先生、お友達とやり取りを行う中で、コミュニケーションに必要な言葉を獲得する。

・音楽→音の強弱や速さ、ニュアンスを感じて表現する。音楽を聴きながら、大きい、小さいや高い、低いを感じる。リズムにのって、体を動かす、楽器の音や楽器を演奏することを楽しむ、四分音符のリズムを感じて、表現する。

・社会性を育む→おへんじ、お片付け、並ぶこと、ごめんなさい、どーぞ、など、子どもたちが集団生活を送る上で必ず必要な事柄を歌いながら、行動する中で、社会には、ルールがあることを知る。お友達とのやり取りを楽しむ。

・思考力を養うための知育→モンテッソーリ教育を取り入れた教材を使って、語彙が少ない子どもたちの手助けをしながら、リトミックの活動の際のイメージを膨らませたり、シールを貼る、糊やクレヨンを使ったりしながら、手や指のコントロールの仕方を学ぶ。丸や三角などの基本的な形、色、大きい小さい、高い低いなどを学ぶ。

 

・この時期の子どもたちは、お母さんの存在が欠かせません。親子で思い切りリトミックを楽しんでいただきたいと思います。

・教材は、自宅に持ち帰れるのがいいところ。レッスンの後にご自宅で見て、やったことを思い出して、歌ったり、動いていた、なんて声もよく聞かれます。

・1歳児クラスは、リトミックの入り口です。5歳までクラスがありますので、通っていただく中で、音楽的な基礎能力もしっかり身に付きます。

フープのバスに乗る、ボールで遊ぶ、楽器の演奏体験などなど・・・

どれをとっても、子どもたちには楽しいことばかり・・・。

子どもたちにとっては、”遊び”であっても、実際は、一つ一つに発達のための目的がある。それが ”リトミックのすごさ”です。

☆習わせているママたちだけがわかるリトミックの良さ☆

最近、レッスンの前にリトミックに来てくださっているママたち(3歳児クラス)とお話をしていた時のこと。

「幼稚園のママたちに、”リトミック習っているんですよ”と話したりするんですけど、あまり他のママたちが興味を示さないんですよ。リトミックの良さって、なかなか伝わらないみたいです」という一言から始まり・・・。また別のママも「そうそう、私もそうなんです! 他にも、子どもに習い事させているけど、その中で、リトミックはかなりいいと感じているんですが・・・。」と。以下、ママたちのお話です。

「今まで幼稚園であったリトミックに参加したことがあるんですが、それは、習っているリトミックと全然違って、やっぱり”みんなができる”リトミック、つまり子ども一人一人に合ったリトミックではなかったです。もしかして、他のママたちは、それを”いわゆるリトミック”と思っていて、それで、”リトミックはこんなもの”と思っているような気がします。」

「今習っているリトミックは、年齢に合わせてしっかりしたカリキュラムが組まれているし、将来ピアノをさせたいと思って習わせているわけではないけど、就学前にする習い事としては、本当にいいと思っています。」

「そうですよね。特にピアノに合わせて、すぐに行動する。”即時反応”(よくこの言葉をご存じだなあ、感心しました!!)がいいと思います。」と。

これを聞いた私は、これほどまでに当教室のリトミックのことを気に入って頂き、本当にありがたい、そして、もっとリトミック研究センターのリトミックの良さをみなさんに伝えたい!と強く思いました。一言に”リトミック”と言っても、巷には、いろいろな”リトミック”があり、0,1,2,3歳児まとめて同じクラスとか、実は”これはリトミック?”と思うようなものもあります。ぜひ教室を決める前に、いろいろな教室を体験されることをおススメします。選ぶポイントは、幼稚園入園後までしっかりリトミックが習える教室かどうかです。

はっきり言ってリトミックは、3歳、4歳、5歳のレッスン内容がそれはそれは大切なのです。入園前で終わってしまうリトミックなら、意味がないと言えます。

3歳児クラスでは、先生のすること、言うことを聞いていないとできない活動も多々あり、集中力もついてきます。また秋ごろからは少しずつですが、お友達と一緒の活動も増えてきます。その中で協調性も育んでいきます。4歳児クラスからは、子どもだけのレッスンになり、複雑な活動(手と足で別々のリズムを叩くなど)をするようになり、先生の弾くピアノを聞いて、五線譜に音符を置いたり、リズムカードを見て、そのリズムを叩くまでに成長します。うまくできない時は、悔しくて涙を流すような子どもたちもいますが、そのような体験をする中で、子どもたちはどんどん成長していきます。ぜひぜひ”本当のリトミック”に出会って頂きたいと切に願っています。

☆3,4歳になったら、こんなことをしますよ☆

3歳児コースから、音の高低を体で表現(ハンドサイン)しながら、感じ取ります。
音楽が「歩く」音楽に変わったら、すぐに歩き始める子どもたち。また、ドレミがなり始めたら、座ってハンドサイン。
リトミックでは、このように音楽にすぐに反応する「即時反応力」、しっかりと聞く「集­中力」、

次の動きの判断を行う「判断力」動きを表現する「積極性」などを身につけていきます。
さらに、自分が聞いた音を、五線譜(楽譜)に表す体験も行います。
(こちらの動画は、デモレッスンであり、実際の教室とは別の場所で撮影しています。)

~生徒様の声~

リトミック2歳児コース お母様

レッスンを終え、帰宅してから「今日はリトミック楽しかったね」という娘の言葉と満足気な表情を見て嬉しくなります。

レッスン中に遊んだ「うんとこしょ どっこいしょ」は、家庭での遊びの中やお風呂の中で自発的に発して楽しんだり、親子で手を引っぱりあって遊ぶことを喜んだりします。

また、遊びの中でCD,TVから聴こえてくる音に合わせて踊るようにもなりました。

 

リトミック2歳児コース お母様 

自宅でもリトミックのレッスンの曲を歌ってみたりするところを見ると、本当に楽しい時間を過ごしているんだろうなと嬉しくなります。
小物などを工夫して取り入れて下さるので、子どもは「次は何だろう!?」「それは一体なに?!」と言う感じで、いつも先生に注目しています。
最近は、リズムを取り入れながら、ひらがなに親しむ活動もあり成長を感じます。
そんな時、横で見ていながら「これはうちの子にはハードルが高そうだな」と感じることも、優しくペースに合わせてリードして下さる先生のお陰で、いつの間にか出来たりするので、魔法をかけられたように私が時々びっくりします。
今後、ピアノなどの楽器の経験を是非させたいので、本当に良い準備が出来てると思います。